物流から見るカニの安さの理由

最高のカニを安く売るには理由がある?

カニのネット通販でもお店によって値段は様々です。値段はそのお店の仕入れや保管などのコストを元に値付けされていますが、お店の努力によって美味しいカニが安く売られているケースがあります。その安さの秘密とは?一般的な物流からその安さを探っていきましょう。

私たちの食卓に届くまで

カニは漁師から業者へ
一般的な物流にはここまでの人が関わっています。まずは漁師。たくさんカニを捕獲しても“売る力”が弱いのでまずは地元の漁業組合へ出荷します。その漁業組合は地元の加工業者等へ販売します。地元の加工業者は次に各都道府県の大卸業者へ販売します。大卸業者は次に各都道府県の市場でのセリに商品を出します(代表的な市場では東京で築地など)。市場は各都道府県が運営してり、このセリで購入するのが仲卸業者です。(仲卸業者は事前に市場へ登録をしている人しかセリに参加する事ができません)そして、次に小売店や飲食店に販売されていくと言う流れです。これだけでも理解いただけると思いますが、私たちの食卓に並ぶまでにはたくさんの業者が入っています。そのため、各業者の利益分を考えると料金が高騰してしまいます。且つ、最高のものは小売店や高級飲食店に販売されるため手に入れにくいのが事実です。

ネット通販だからできる安い!且つ極上物の販売!

一般的な流通で商品を購入する場合、値段または商品価値の部分で私たちにやさしいとは言えません。ただ、この流通経路ではなく地方の漁師さんや魚組から直接仕入れを行い、そのまま販売している業者も中にはあります。そのため、値段も安く、且つ料亭で提供されるような味を家庭で楽しむことができるのです。

※安価のカニは全てこのような流通の関係で安くなっていると言う訳ではありません。いわゆるB品と言われるカニを安価で売っているケースもあるので口コミなどはしっかりチェックをする事をおすすめ致します。

流通以外で安くなるカニ