毛ガニの厳選通販

毛ガニはやっぱり北海道

上記で述べたように、冷凍はしない方が美味しいため、毛ガニの産地を考えると新鮮な毛ガニを手に入れるには北海道で採れた毛ガニを直送してくれる通販が1番新鮮です。スーパーやデパートで売られている毛ガニは大抵一度冷凍して検品、卸売にかけられているため、通販で直送するよりも時間が経ってしまい鮮度がどうしても落ちてしまっています。そのためやはり毛ガニを買うなら北海道から浜ゆでしてすぐ送ってくれるお店をおすすめします!

毛ガニの通販ランキング

毛ガニランキング
当サイト管理人ではカニの通販サイトからカニをお取り寄せして食べてみました。
偏見と独断、個人の解説から毛ガニランキングを作成しましたので是非ご参考ください!

第1位北海道便

北海道便北海道で採れる毛ガニを一番の売りとしている海産物の通販サイト。毛ガニはゆでた直後に直送されるため、冷凍を行っていないところが最も魅力的です。水槽でカニを泳がせておいて、注文が入ってから茹でて、茹でたてのカニを出荷しているそう!やはり冷凍していないカニが最も美味しいです!
しかも「堅蟹」と呼ばれている身がびっしりと詰まった最高級である毛ガニを通販で販売しています。普段から東京、銀座の料亭等や鮨屋さんが仕入れしている毛ガニを通販でも販売しているネットショップなのでかなりオススメ!

北海道便詳細はこちら

第2位かにまみれ

かにまみれ流行りの「訳あり商品」は一切取り扱いしない通販ショップ。「業界最高水準 3特~4特」の毛ガニ販売を、独自のネットワークにより実現している稀少な毛ガニの通販ショップ。購入した方からのリピートが非常に多いそうです。確かに購入して食べてみたカニはとても身がしまっていて4特レベルの毛ガニがこの値段で本当にいいのか?と思ってしまいました。結構オススメ!

かにまみれ詳細はこちら

第3位浜海道

カニの浜海道高価な値段で毛ガニを販売しているように思いますが、味は間違いないと思います。このお店は取り扱っているものが海産物だけではなくスイーツ関係も取り扱っているためカニに特化していないので高いのかもしれません。第2位のかにまみれのように安く仕入れるルートがないのかもしれませんね。ただ、大手のショップなだけあって品質は保証されています。毛ガニはほとんどの場合、タラバガニやズワイガニとセットで販売されているのでそのあたりが高くなってしまっている要因かも。しかし、3つのカニを食べ比べしたい方にはぴったりです!

浜海道はこちら

第4位かに吉

かに吉北海道の港から産直の毛ガニ通販ショップ。WEBサイトにはカニを茹でている最中の動画が流されていて少しグロテスクですが、それも新鮮さの証だと思います。このお店で売られている毛ガニは冷凍なので少し味が落ちてしまいますが、それでも港からすぐ送ってくれる分他の冷凍を行っている通販ショップよりも鮮度は高いといえるでしょう。浜ゆで毛ガニが500gで5,000円弱と高めで売られていますが美味しいです。

かに吉詳細はこちら

第5位カニの浜海道【カラーミーショップ大賞受賞店】

カニの浜海道今最も旬で新しいカニ通販ショップ!カラーミーショップ大賞も受賞!カニ以外の海産物も充実!コストパフォーマンスは非常によく、カニ鍋セットというネーミングで安くカニをまとめて売ったりしているのでお得です。また、姿の毛ガニを1kg (2~3尾)を、送料込みで7,000円程度で売っている安さなので冷凍ですがリーズナブルに毛ガニを購入することができます。

カニの浜海道詳細はこちら

味の王様は毛ガニです!!!

毛ガニはかにの中でも味がもっとも美味しいと言われています。そのまま食べてもよし、調理してもよし、そして毛ガニのミソは絶品でツウの人はお酒(日本酒)と食する人も多いのがこの毛ガニです。 その毛ガニを通販する時には、どんなポイントを選んで買えば良いのかを、かにの生態も交えて解説します。

毛ガニの産地

北海道で獲れる産地は大きく分けて4つあります。各漁場では捕獲できる”漁期”が異なっているため、時期によって獲れる場所が決まっています。
稚内産 オホーツク産 道東産 噴火湾産

漁期と味の関係

通常毛ガニは3月~夏にかけてが脱皮をする時期とされています。脱皮をしたかには、脱皮でエネルギーを使っているため身が痩せ細り、且つ甲羅も手で押せるほど柔らかくなっています。秋から冬にかけて漁が行われるオホーツク産や道東産の毛ガニは絶品です。

かにの豆知識

メスは食べられない!

毛かにの卵は食べられません。これは法律でメスガニは捕獲禁止になっているからです。

毛ガニは鮮度で味が変わる!

一般的に売られている毛ガニは冷凍、又は冷凍後に解凍したものが売られています。
ただ、中には捕獲したかにを活きたまま生簀(いけす)で落ち着かせ、ストレスの無い状態にしてから発送してくれるケースもあります。また主要都市などの観光地で売られている水槽ではなく、海辺に生簀(いけす)を作り、産地の海水を引き上げてかにを生かし、こだわり抜いているお店もあるので、保存方法は要チェックが必要です。大量捕獲、大量茹で、そして冷凍では最高の味にはなりません。食べ比べてみると違いは歴然、冷凍をしていないかには感動する程美味しいです!

茹で方で味は変わる!

毛ガニ姿うどんかには単に茹でるだけではなく、塩を入れてゆで上げます。更に最適なゆで時間とされる15分~18分を目安として茹で上げます。また、大量に茹で上げるのではなく5~10匹ぐらいを、甲羅を上にした状態で茹で上げる事で、ミソが外に出て生臭さを出さず旨みを閉じ込められる茹で方と言われています。一度に大量のかにを茹で上げる場合は、茹でている時の向きも変わってしまうので、茹で汁にミソが大量に溶け出し生臭さが残ってしまいます。尚、茹で上げたかには一度塩水で不純物を流して冷蔵するのがベストです。

冷凍は味が落ちる

通常の冷凍かには茹で上げた後に、マイナス30度~40度で冷凍します。毛ガニはタラバガニに比べて個体が小さいため、身の繊維も細かいと言われています。特に毛ガニの場合は一度冷凍をすると、身の繊維が壊れ水っぽくなったり、逆に水分が落ちてパサパサしてしまいます。一番最高の味で食べるにはやはり未冷凍で食べるのが一番です!食べ比べてみると天と地ほど味が違います!

毛ガニのランク

牛肉の場合「A5」などのランクがありますが、実は毛ガニにもランクがあります。毛ガニは大きくは下記に分けられます。

4特
高級寿司屋、高級料亭レベル。
(脱皮後、甲羅が堅くなり生きている状態)
3特
まぁまぁ、高級で出される飲食店レベル。
(脱皮後、甲羅がある程度堅くなり生きている状態)
2特
北海道以外の一般スーパーで売られているレベル。
(脱皮後で、甲羅もやわらかく実入りが悪い状態。)
※冷凍によって水っぽいなど。
1特
激安店のたたき売りレベル。
(基本、死んだ状態のかにや訳あり毛ガニ)

まとめ!

  • 産地(シーズン)を見極める!
  • 鮮度(捕獲後の保存方法)は良いか!
  • 茹で方はこだわっているか!
  • 未冷凍のかにか!
  • 毛ガニランクは4特か!

この5つをしっかり見極めて購入する事で、自宅で高級料亭の味が楽しめるでしょう!

毛ガニの値段が店によって違う理由

毛ガニはとれる漁港は同じなのに何で値段が違ってくるのでしょうか?

出来るだけ安く美味しい毛ガニを買いたいと思うのは当然のことです。値段は時期によって変動するので年間通しての相場が分かりにくいものですが、その時々の相場やより安くて新鮮なカニを見つけるにはどのようにすれば良いのでしょうか。
毛ガニは1尾が3,000円~7,000円で販売されていると言われていますが4,000円も開きがあると相場といえるのかわからなくなってきますよね。毛ガニは毛ガニの年齢によって重いもの、大きいものがあるためまずこの点で値段が変わります。あとはボイルにしているか活ガニかで金額が変わるように思いますがその点では値段は変わらないのです。あとは冷凍保存を行っているか、漁で仕入れた蟹をいったん水槽に入れているかすぐに茹でてしまい、冷凍するかといった差で値段が変わる場合があります。それ以外ではたいていの場合店の利益であったり、送料を込みにしているかどうかの差となってきますので、産地と配送、配送までの処理方法を見極めるようにして値段を比較すると良いでしょう。安く売っている通販のカニ販売店は冷凍期間が長い場合がありますので鮮度が落ちる可能性があります。冷凍期間を調べたり、怪しかったり疑問に思ったら問合せしたりすると確実に安くて美味しい毛ガニが手に入ります。

北海道の毛ガニの放射能

水産庁では各都道府県で放射能検査を行っているのでそちらを確認するようにとうたっている

食品の安全のために各都道府県庁から水産物の放射能検査は行われています。
北海道の毛ガニも北海道庁から紹介されているモニタリングサイトで放射能度が発表されています。毛ガニは2014年12月~1月に更新されたデータでは釧路十勝沖で放射性セシウムが検出限界値0.73、放射性ヨウ素が0.395となっています。これだけ聞かされても安全なのか安全でないのかあまり意味がわからないかもしれませんが「食品衛生法等に基づく食品中の放射性物質の基準値」はクリアしているので問題はないでしょう。

毛ガニの安全性

放射能以外は安心なのか?

今、海産物への不安は放射能汚染だけではなく、様々な菌によるトラブルがあります。
怖いのはやはり食中毒。牡蠣のように当たりやすい食べ物であっては困ります。実際のところどうなのでしょうか?
まず、牡蠣が食中毒の下痢になりやすい原因としてウイルスを持つ生牡蠣を食していることが原因の1つにあげられます。牡蠣がウイルスに汚染された海水につかっていることで汚染された海水が腸管を通って内臓に蓄積・濃縮されてしまい、牡蠣を食べることで身体に良くない反応を起こしてしまうのです。同じ海産物でもカニの場合は殆どウイルスの話は聞きません。甲殻類アレルギーはあってもなかなかウイルスや食中毒の反応を聞かないのはなぜでしょうか?
推測ですが、おそらくカニは殆どの場合火を通してから食べるため、お腹に対して安全であるといえます。また、カニは深海で成長することが殆どのため非常にきれいな海で生活しているため、養殖される牡蠣のようにウイルスがまんえんすることがないからではないかと個人的に思っています。

毛ガニって見た目がグロテスク。本当に美味しいのか?

毛ガニ姿
毛ガニは3大カニ品種の中で最も高級なカニですが、見た目はブツブツしていて、世界中の様々な国の中では毛ガニは気持ち悪くて食べられないという方もいるそうです。ところが日本・中国・韓国の東アジアの国では毛ガニは非常に美味しい高級品とされていることが殆どです。それは何故でしょうか?
毛ガニは外見がごつい分、中身の身が濃縮されており非常に濃い味で美味しいとされているためです。毛ガニはズワイガニやタラバガニではなかなか味わえない濃厚な味がすると一般的には言われていることが多いようです。

毛ガニは何が魅力なのか?

カニミソ

毛ガニの甲羅についているミソは絶品です。毛ガニはタラバガニやズワイガニよりも身が濃厚で美味しいといわれていますが、これはミソの部分も同じでとても濃い味が染みています。特に冷凍しておらず採れたままの毛ガニを茹でて甲羅からスプーンですくうようにして食べるミソは絶品です。またさらに、食べ終わった毛ガニの甲羅yは味噌汁にしてみても出汁がかなりとれて美味しく、捨てる部分はとても少ないのです。

毛ガニの身

毛ガニの身毛ガニの身は他のカニよりも身がやわらかく甘味があり美味しいといわれています。プリッとしたモチモチ感のようなものはズワイガニの方が大きいかもしれませんが、味の濃さと柔らかさは毛ガニが最強だと思います。もしこの贅沢がかなうならば、是非3大ガニである、毛ガニ、ズワイガニ、タラバガニを並べて食べてみて頂きたいと思います。人それぞれの好みもありますがやはりカニは濃厚な方が美味しいですよ!

北海道産以外の毛ガニの味はどうだろう?

カニの爪
毛ガニがとれるのは北海道のオホーツク沿岸が最も漁獲が多く有名です。それ以外では「福島沖」と「日本海沿岸」「宮城県沖」で採れるそうです。原発や地震関連の影響もありやはり北海道産が一番人気ではありますが、日本のあらゆるところで毛ガニを採ることが出来るのです。しかし味はやはり、北海道の冷たい深海で育ったカニが身が引き締まっていて最も美味しいとされ、一番人気があります。寒い場所で育つかにの方が身が引き締まるというのはなんとなく納得できますね。

毛ガニの生体

毛ガニは太平洋や日本海、オホーツク海に分布して生息しています。通常は水深約150m~300mとかなり深いエリアに生息しており、夏から秋にかけての水温が温かくなる時期にはもっと深海域に移動しています。
買おうと思えばお金さえ出せば簡単に手に入れることのできる毛ガニですが、毛ガニの寿命は非常に短いのです。毛ガニは卵からふ化した後で甲長2cmと、かなり小さいのです。成熟しているサイズが5cm程度と言われており、成熟するまでに3年程度かかります。成熟後にやっと交接が行われ、その後メスの毛ガニが1年半もの間体内で卵を保持した後に産卵が行われます。毛ガニは通常脱皮を繰り返して大きくなるのですが、メスは体内に卵を持っている状態では脱皮を行わないためにオスよりも成長が遅くとても小さいのです。サイズは水産庁の発表によると、オスがふ化した後1年で甲長2cm、2年で約4.5cm、3年で約5.5cm、4年で6.5cm、5年で約7.0cm。食卓に並んでいる蟹を思うと5年経っていてももまだまだ小さいのです。
このように小さな毛ガニを採ってしまうと、繁殖が行われなくなる可能性もあるため、法律で資源保護のために7cmに満たない蟹は採ってしまっても海に戻さなければならない決まりがあるのです。

毛ガニの美味しい調理法

活毛ガニは下処理なしでそのまま茹でよう!

美味しい毛ガニを手に入れても調理方法で悩んでしまうという人が多いようです。せっかく美味しい毛ガニなのに、自分の手で味を落としてしまうのは嫌ですよね。毛ガニの調理方法は難しいようで実はわりと簡単ですが、活毛ガニは生きているということもあり慣れるまで、コツを覚えるまでは苦戦することもあるのではないかと思います。とはいえ基本的には下処理も不要で、茹でるだけです。毛ガニを美味しく茹でる方法を紹介しますので、是非挑戦してみてください。
通販でカニを買うと捌き方や茹で方を同封してくれるありがたいところもあるのですが、自宅以外でもささっと調理ができるといいですよね。まずは必要な道具を準備して、カニが入るぐらいのお鍋にお湯を沸かしましょう。カニを切るために必要なものはキッチンバサミ、それと軍手や手を保護できる厚手の手袋(ゴム手袋可)です。鍋に入れたお湯が沸いたら塩を入れますが、この時の塩加減が重要です。海水より少し辛い程度を目安に塩をいれます。1リットル当たり、45グラム前後が良いでしょう。塩を入れたら、沸騰したお湯にカニを裏返しにして入れます。お腹が上を向く状態で入れましょう。カニはさっと汚れを落とした状態で、特別な下処理は不要です。
だいたい20分程度茹で続けたら、冷たい水で冷やしましょう。一気に冷やすことで身がしまり、旨味も倍増しますよ。水は家庭で茹でる場合は水道水になってしまいますが、ボウルに氷ときれいな水を入れてあらかじめ冷やした状態のものに一旦通すのもいいですね。粗熱が取れればまずは茹では終了です。
実は茹でる他にも、酒蒸しなども美味しい調理法の一つです。蒸すことで茹でるより旨味が逃げないので、よりカニの美味しさを味わうことができます。

難しいように見えるけれども意外と簡単?カニの捌き方

茹で上がったカニやもともとボイルされているカニも、そのままの状態では食べにくいので捌きましょう。難しいと思われがちですが慣れてしまえば意外と簡単です。
軍手をして手を保護したら、甲羅を裏返し、脚の付け根からハサミを入れて胴体と切り離しましょう。脚と胴を切り離したら、さらに脚を1本ずつ、付け根の太い部分とつま先の細い部分の2つに分けます。脚を全て2つに分けたら、胴体からお腹の部分を切り取ります。お腹を押さえたら甲羅に親指をかけて甲羅を外してください。この時美味しい味噌が出てしまわないように注意しましょう。甲羅を外したら、胴側の脚の付け根にあるエラを取ります。ハサミを使って取り除くと楽です。
続いて目や口をとって、半分に切りましょう。最後は脚に切れ目を入れて、殻を剥がしたら出来上がりです。毛の少ない脚の内側に切れ目を入れると上手に殻がはがれます。細かい部分はなるべく身を切らないように殻を剥がしてくださいね。
全て剥がし終えたら後は盛り付け、好きなように食べます。