タラバガニの厳選通販

ダイナミックに食べるタラバガニ!

タラバガニの魅力はなんと言ってもあの大きさ!そのまま食べてもよし、焼いて食べてもよし!そんなタラバガニもネットショップによって味、金額は様々です。美味しいタラバガニを購入する時に必要なチェックポイントをご紹介いたします。

タラバガニの産地

北海道産のタラバガニは年々数が減っています。ただ、オホーツク海で繋がっているロシアにはかなりの資源がいると言われております。食品は国産が良いと言う人もいると思いますが、ロシア産のタラバも最初の水揚げが北海道の場合は、北海道と明記されたりもしますのでロシア、北海道の場合はほぼ同じと考えて良いと思います。

北海道産かロシア産か?

大きさと一人当たりの食べる量

タラバガニ場合、毛ガニと違いミソはほとんど食べません。そのためタラバガニを購入する際には大きさで判断すると良いでしょう。一人で食べられるのはせいぜい500gぐらいなので目安としては1キロで2~3人前と考えておいた方が良いと思います。

タラバは冷凍でも美味しい!しかし・・活(生)タラバには勝てません!

年末の・・・TVやスーパーでよく足だけが売られている光景を目にした事はあると思います。タラバガニの場合、体の大きさから大量茹で、大量冷凍がほとんです。これには大きな理由があって、日本のタラバガニの大半は一度韓国へ輸出されています。これは韓国人の方が高く買ってくれると言う理由があるのですが、そいこから買い戻す形となれば冷凍でも日が経ってしまい味は少なからず落ちてしまいます。そんなタラバガニも最高の味を求めるのであれば活きたかにを茹ででそのまま食べる!が、一番美味しいです。ただ、ネットショップでも9割ぐらいのお店が冷凍タラバを扱っているので、“こだわり”たい人や、最高の味を食べたい人は活タラバを扱っているお店を探してみると良いと思います。

新鮮なタラバガニは生でも食べられる!

ごく一部のお店では、自社の生簀(いけす)で活きたままの状態でタラバガニを保管し、注文が入った後に茹でて送ってくれるお店があります。そのようなお店では、ごく稀に生の状態(活きたまま)で送ってくれるお店があります。活きたままの状態のタラバは、冷凍に比べると味の違いは格別で、更に氷水に足をつけてお刺身で食べられたりもします。活タラバを扱っているお店は少ないですが、活タラバの場合は茹で、焼き、生など食べるバリエーションが多いので一度試してみると虜になるかもしれません。

激安ショップは危険?

近年、激安ショップや勧誘などで粗末なかにを売りつけて問題になるケースが増えているそうです。タラバガニの場合は、他のかにと違ってキロ単位で購入するケースが多いのですが、いざ届いてみると半分ぐらいの重さしか入っていないと言うケースもあるようです。そのため、購入する際にはそのお店の“こだわり”などをしっかり調べてから購入する事をお勧めします。

オススメしているかにのネット通販ショップ

タラバガニ オスとメスの違い

タラバガニのオスとメスでは味に違いがでるのか?一般的にはオスの方が美味しいと言われています。メスの場合はカニみそや内子(卵)が楽しめますが、メスは卵に栄養がとられる分、身に栄養がまわりきらないと言われています。そのため、タラバガニはメスよりもオスの方が身が美味しいと言われています。

水槽に入っている活きているタラバガニが一番美味しいのは間違い!?

観光地などに行くと、水槽に入って生きているタラバガニを見かけます。まだ生きているので美味しいだろう!と思いがちですが、実はそうではありません。理由は海水の中にいたタラバガニが人工的に作られた海水の中にると、水槽の中に入れている薬の影響を受けるからです。水槽の水は海水と違い、色々な薬が入っているためその薬の味が身にしみついてしまうためです。産地などでは大きな水槽に海水をくみ上げて海水かけ流しで保管している場合がありますが、この場合は新鮮な海水を巡回させているので味は落ちないと言われています。

タラバガニの美味しい食べ方ランキング

活締め茹でたて
獲れたてや、海水(海から直接くみ上げているもの)で活かしている状態のタラバガニを茹で上げ、アツアツの状態で食べると最高に美味しいです。
活締め未冷凍
獲れたてや、海水(海から直接くみ上げているもの)で活かしている状態のタラバガニを茹で上げ、冷蔵で冷やしてから食べる。茹でたてのアツアツの状態も美味しいですが、一度冷やすと味が引き締まる事もあり甘みが増すと言われています。
お刺身
獲れたてや、海水(海から直接くみ上げているもの)で活かしている状態のタラバガニをお刺身にして食べます。生の状態で剥いた身を氷水につけると花が咲いたようになり、醤油をつけて食べると絶品です。
休息冷凍
獲れたてや、海水(海から直接くみ上げているもの)で活かしている状態のタラバガニを茹で上げ、急速冷凍を行います。マイナス60度の冷凍庫で冷凍したものは観の中の水分量が変わらないのでかなり美味しいですが、すぐに冷凍する場合は一般的な業務冷凍でも美味しく食べられます。
お鍋
言わずと知れた食べ方です。カニの出汁がお鍋に染み出し美味しく食べられます。
天ぷら
毛ガニの天ぷらは案外美味しく食べられます。一般的にガチガチに冷凍してあるタラバガニは、冷凍期間も長く身が酸化している事もあるので味が落ちますが、揚げる事で水分を飛ばし身もふっくらします。