毛ガニのサイズ

 

毛ガニにも色々なサイズがある

毛ガニと言っても実は色々なサイズがあります。通販で購入する際は、重さごとに商品が分かれていることが多いです。

大きなカニほど高いというのは分かるのですが、自分がどのぐらいのサイズのカニを食べたいか分からないと、届いた時に思っていたものと違う!ということが起きてしまいますので、事前に知っておいた方がいいと思います。

一般的に市場に出回っている毛ガニサイズは300グラムから1kgぐらいのものが多いです。特にその中でも400グラムから600グラムぐらいのサイズが多く出回っていて、コストパフォーマンスも高いと思われます。700グラム以上のものは希少ですので、売っている店を探すか予め予約などをお願いしておく必要があるでしょう。

また、カニは茹でることで10%程度重さが減ります。海から揚がった状態では500グラムのカニも、茹でられると450グラム程度になります。活ガニか茹でたカニかによって同じ重さでも食べられる量が違いますので、重さはカニの状態と合わせて確認することを覚えておいてください。

この辺りの表記を曖昧にしているお店やショッピングサイトもありますので、そのようなところでの購入は見送った方がよいでしょう。

選び方の目安

では、毛ガニを選ぶ際にどのぐらいの重さの商品を購入するかの目安ですが、オススメは400グラムから600グラムの一番市場に出回っているサイズです。このぐらいのサイズのものが身の量とカニ味噌などのバランスがよく、非常に食べやすいです。特に毛ガニを食べ慣れていない人は、まずはこのサイズのものを購入するとよいでしょう。

他には、食べ方によってサイズを検討するということも有効です。上記のサイズの中でも焼きガニをする場合は、サイズの小さいものが良いと思います。大きいものでも味は変わりませんが、焼いた風味を楽しむことが目的ですので小さくても十分です。毛ガニの刺し身や天ぷらを食べる時はサイズの大きいものを選びましょう。500グラム以上、できれば600グラムのものがベストです。

カニ味噌をメインで楽しみたいという方は、比較的小さなサイズのものでも大丈夫です。700グラム以上の大きなサイズのものはカニ味噌の味には期待できませんので、身がしっかり詰まった小さめのものを狙いましょう。

サイズは季節にも影響する

最後に、毛ガニの出回るサイズは季節によって変動があります。

12月は毛ガニの漁が少なくなりますので、小さなサイズの毛ガニが少なくなります。加えて、年末でカニ需要が高まりますので、お手頃価格のものが市場から早く売れていきます。贈答用の大きなサイズは遅くまで買えることが多いですが、小さ目のものがほしい場合は早めに購入しておきましょう。

また、1月から3月は毛ガニが脱皮する時期と言われています。脱皮後のカニは身の入りが悪く、殻を剥くと中身がスカスカで残念なことがおおいです。この時期は目利きができないとおいしい毛ガニが購入できませんので、信頼のおけるお店で購入してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket