毛ガニの食べ方

   2015/02/16

毛ガニはまるごと茹でる

毛ガニはシンプルにまるごと茹でて食べるのが一般的です。鍋で豪快に茹でて毛ガニのそのままの味を楽しみましょう。

  1. まずはカニの汚れを落とすために水洗いしましょう。商品として購入したものはある程度きれいな状態で届きますので、さっと洗い流す程度で大丈夫です。
  2. 次は鍋にカニが隠れる程度に水を入れます。合わせて塩も加えましょう。塩の目安は水1リットルに対して35~40gの割合です。
  3. 強火で一気に鍋の水を沸騰させます。
  4. 沸騰したら、毛ガニの甲羅を下向きにして鍋に入れます。そのまま茹でてしまうとカニが動いてしまいますので、落し蓋をしてカニを固定させましょう。
  5. 再沸騰するまで鍋を煮立たせます。沸騰してから15分程度茹でましょう。
  6. 茹で上がったら、最後にもう一度水洗いします。全体が熱くなっていますので、鍋から気をつけて取り出しましょう。

毛ガニのむき方

続いて毛ガニのむき方をご紹介します。慣れれば簡単ですが、コツをつかむまでは大変です。汁やカラが飛び散りますので、キッチンで汚れてもいいように作業しましょう。道具としてキッチンバサミを利用します。家庭用のもので構いませんの準備しておいてください。

  1. 毛ガニのお腹の部分を上にして、足を1本ずつ切り離していきます。関節の根本がやわらかくなっていますので、そこをハサミで切っていきましょう。
  2. お腹の三角形の「ふんどし」と呼ばれる場所を取り外します。ハサミを少し入れて、ゆるくなったら手で力を入れて外してみてください。
  3. 2で外した部分からハサミを入れます。縦に切って胴体を左右半分ずつに割ります。少し力が入りますので注意!
  4. 胴体に付いているカニ味噌を甲羅の部分に移動し、「エラ」を取り外します。
  5. 足の両サイドにハサミを入れて殻を外していきます。ここから先は食べる方が1つずつむいてもいいかもしれません。

通向けの色々な食べ方

毛ガニはカラをむいてしまえば、後は身をそのまま食べられます。毛ガニの身と濃厚なカニ味噌を堪能してみてください。身をカニ味噌にからめて食べてもおいしいですよ。

また、毛ガニには通向けにカニ酢、甲羅酒、みそ汁などの食べ方があります。これらは一手間加えるだけで、また違った毛ガニのおいしさを味わうことができます。作り方はまた改めてご紹介します!

>> 毛ガニの通販についてはこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket