カニに含まれる栄養素

   2015/10/21

カニに含まれる栄養素

カニは美味しいだけでなく栄養もたっぷり!

カニを食べるとなんだか贅沢な気分になるのは私だけでしょうか?というのもカニは高価なこともあり、そんなに毎日食べられるような食材でもありません。

中には毎日食べているという人もいるかもしれませんが、ほとんどの人はたまに食べる程度ではないでしょうか。
身がぎっしりと詰まったカニはとても美味しく、カニ味噌や卵はお酒のつまみとしても最高です。

そんなカニですが、実は美味しいだけでなく栄養もたっぷり詰まっているんです。
栄養価から見てしまえば、できることなら毎日でも食べたいぐらいなんですよ。

カニに含まれている栄養とその効果など

カニの栄養、効果効能として有名なのはがん予防や高血圧の予防、動脈硬化予防などが挙げられます。

また、カニにはタウリンが含まれているので肝機能を強化したり、血中コレステロールを抑える作用もあります。
タウリンは眼精疲労などにも効果があるので、デスクワークの人には特におすすめです。

さらに、甲殻類には多いカルシウム、そしてカニの赤い色のもとでもあるアスタキサンチンも含まれています。
カルシウムはイライラを抑え、骨を丈夫にしてくれます。
アスタキサンチンは化粧品などにも含まれていることがありますが、カニの場合は天然のものです。食べる美容ができるだけでも嬉しいですよね。
美味しく食べられるだけでなく栄養面も優秀なカニ。自然のサプリメントとして定期的に食べたいものです。

カニの栄養素をできるだけ体内に取り込むには、調理法にも注意が必要です。カニの栄養は主に旨味に含まれていることが多いです。
茹ですぎたり急激な熱を加えたりせずに、旨味を逃げ出させることなくいただきましょう。
また、缶詰の場合は汁にたくさん栄養が含まれていることもあります。汁は捨てずに、料理に活かすようにすると栄養も無駄なく摂ることができますよ。

カニはダイエットにも最適!?

カニは高タンパクかつ低カロリーな食材として、ダイエット中の人にもおすすめできます。

カニに含まれているビタミンB1、B2は糖質や脂質の代謝を上げてくれます。ナイアシンも豊富ですよ。
さらに、亜鉛や鉄で貧血が予防できますし、銅などのミネラルも含まれています。

カニだけでサプリメントはいらないのではないかというぐらい、栄養が摂取できるんですね。

カニ=贅沢なんて考えもあるとは思いますが、体の中からの美容のために食べてみるのはどうでしょうか?意識一つ変わるだけで、また味も格別だと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket