かにアレルギーについて

日本人なら大好きな冬の味覚、かに。しかし、かに・えびなどの甲殻類が原因でアレルギー症状が出る人は少なくありません。

小学生以降の発症が多い、甲殻類アレルギー
食物アレルギーには様々なものがありますが、かに・えびなどの甲殻類アレルギーは2、3歳以降に増え始め、小学生以降では小麦や果物と並ぶ主な食物アレルギーとなっています。大人になって発症することも多く、子供の頃は平気だったのに食べられなくなったという人も少なくありません。
甲殻類アレルギーの原因物質
甲殻類にはどんな物質が含まれているためアレルギーが起こるのでしょうか?
甲殻類のアレルギーになる方はタンパク質の一種である成分が原因といわれています。甲殻類、軟体動物、節足動物の「トロポミオシン」がアレルギーの原因物質です。
かに・えびは関連性が高く、かにアレルギーの場合はえびにもアレルギー症状が出ることが多いです。
イカ、タコ、貝などの軟体動物も、かにやえびほどの関連性はありませんが注意が必要でしょう。
食物アレルギーはたいていの場合、なくすことはできません。一時的にアレルギーを起こしてしまった場合に薬で少し抑えることは出来ますが、永遠に薬を飲み続けることはできませんしアレルギーを失くす薬は存在していないのです。
もしアレルギーを完全になくす薬があれば、花粉症で苦しむ方はいらっしゃいませんよね。
アレルギーの症状
甲殻類アレルギーの症状として最も多いのはじんましんです。主に唇やのど、目(まぶた)、耳に表れます。その他、嘔吐・腹痛・下痢など、消化器にも症状が出やすいです。
軽い症状の方であれば食べ物のアレルギーはかゆくなったりするだけですが、症状が重い場合には死に至ってしまうケースもあるので、そんなことにならないよう無理強いしたりしないように気を付けなければなりません。
また甲殻類アレルギーの方は、エキスも無理な場合が多いです。食べなくても、かにに触れただけでアレルギー症状が出る場合もあるため注意しましょう。直接食べたり触れなくても、かにの汁がついた手で触れられるだけでも症状が出る可能性があります。
また、かにかまやかにの御煎餅なども食べられない場合が殆どです。たまに昆布などの海藻類にもカニのエキスがはいっているので気を付けましょう。

かにアレルギーは大人になって突然発症することもあるため、かにを食べた後で口や手がかゆくなったりじんましんが出るなど、違和感を感じた場合には病院に行って診察やアレルギー検査を受けてみましょう。

かにのアレルギーの方は大抵の場合、エビもアレルギーで食べることができません。甲殻類のアレルギーのようですね。
甲殻類にはどんな物質が含まれているためアレルギーが起こるのでしょうか?
甲殻類のアレルギーになる方はタンパク質の一種である成分が原因といわれています。甲殻類、軟体動物、節足動物のトロポミオシンがアレルギーの原因物質です。

食べ物アレルギーはたいていの場合、なくすことはできません。一時的にアレルギーを起こしてしまった場合に薬で少し抑えることは出来ますが、永遠に薬を飲み続けることはできませんしアレルギーを失くす薬は存在していないのです。
もしアレルギーを完全になくす薬があれば、花粉症で苦しむ方はいらっしゃいませんよね。

軽い症状の方であれば食べ物のアレルギーはかゆくなったりするだけですが、場合によっては死に至ってしまう方もいらしゃるので、そんなことにならないよう無理強いしたりしないように気を付けなければなりません。
また甲殻類アレルギーの方は、エキスも無理な場合が多いです。かにのエキスすらも無理な場合が多いため気を付けましょう。かにかまやかにの御煎餅なども食べられない場合が殆どです。たまに昆布などの海藻類にもカニのエキスがはいっているので気を付けましょう。

かにアレルギー