かに通販おすすめランキング!絶品のかにはコレだ!

美味しいかにを通販しよう!

かに料理日本人が大好きなかに!皆で囲んで食べるかには最高に美味しいですよね!ただ、かにも選び方によっては味が全然違います。本サイトでは北海道の漁師を父に持つ私が、かにの選び方やおすすめのお店を厳選してご紹介していきます。選び方のコツをしっかり把握して、失敗しないかに選びをしてください!

3大かにの中で最も身に甘味のある、毛ガニの通販ランキングはこちら

かにの美味しさ3箇条

第1条

第1条:旬のかにか?

かににも旬があります。旬のかには甲羅が堅く実入りも良く、どっしりとしています。反面、旬じゃないかにと言うのは、いわゆる脱皮かにです。脱皮したてのかには甲羅がやわらかく、且つ脱皮にエネルギーをとられているので身が痩せ細っています。旬のかにかを選ぶことで身の量と、肉質がしっかりして美味しいかにと言えます。

第2条

第2条:未冷凍のかにが最高に美味しい!

一度、冷凍されたかには不味い・・。普通のかには冷凍されていると思っている方も多いかもしれません。ただ、未冷凍のかには本当に美味しいです。冷凍をするのが一般的ですが、冷凍をしてしまうと繊維が壊れ、水っぽくなってしまいます。活かにを茹でて、冷凍をしないまま送ってくれるかには最高に美味しいです!ちなみに、有名料亭などで使われているかにもほとんどは未冷凍のまま産地から送られてきたものを使っています。

第3条

第3条:茹で方で味は変わる!

かにの茹で方は様々です。一度に大量に茹でるお店もあれば、注文が入ってから個別に茹でてくれるお店もあります。美味しい茹で方は一定量の塩を入れた鍋に少量のかにを入れて茹であげます。ただ、一度に大量のかにを茹でている場合は、中で茹でられているかにの味噌が外に出てしまうため、かにみそが減り、且つその味噌がかにの胴体にこびりついてしまい、臭みにつながります。個別に注文を受けてから茹でてくれる。手間がかかっている分、美味しい茹でかげんになるので、そのように茹でてくれるお店を探す事が大切です。

漁師っ子の超おすすめ店

かにまみれ

かに

かにまみれ
「業界最高水準 3特~4特」の毛ガニ販売を、独自のネットワークにより販売しているショップ。販売しているカニは1匹まるごとだけではなく、足だけや詰め合わせなどの商品も充実しています。去年は4大蟹1万円セットが大好評だったそう!築地でカニを買うより安いですね!このお店は販売しているカニのなかに「訳あり」の商品は一切取り入れない、訳ありカニは販売しないというポリシーがあるそうです!ですから、かにまみれのカニは信頼度高!!

通販1位

北釧水産

かに以外も盛りだくさん
新鮮な毛ガニ、タラバガニ、ズワイガニなどを販売しています。鮮度は良く、味も美味しいでしょう。ただ、メインがかにと言う訳ではなく海産物の中にあるのがかにと言う印象を受けるため、商品点数はややすくなめです。かに以外のものも一緒に通販する場合などは、北釧水産がおすすめです!
特にタラバガニの種類は充実しているので、タラバガニの購入を考えている方は一度、覗いてみる価値あり!北海道の玄関口である新千歳空港などでもショップ販売している事もあり安心感は絶大です!

通販3位

かにを通販で買うと高価な時期

旬の時期はかには安い!ということは…?

かにの通販かにに限ったことではありませんが、旬のものはやはり旬の時期に食べる方が美味しいのはもちろんお店でも買い求めやすい金額になることが多いです。もちろん通販でも同じことは多く、かにも旬の時期は大量に、しかも安く手に入ります。その逆を考えると、通販で購入するかにが高価な時期は旬ではない時期、ではないでしょうか。
かにによっては少し旬の時期がズレますが、毛ガニやタラバガニなら12~3月ごろ、ズワイガニなら11月~1月ぐらいまでは旬の時期と言われています。この時期以外にかにを買うと、通販でも少々高くなる可能性はあります。
旬の時期は安い、と最初にお伝えしましたが、この旬の時期を利用してあえて高価な値段がつくかにも存在します。なぜかといえば旬の時期はかにはとてもおいしいので、誰もが食べたくなるはず。それだけ旬にはかにを求める人が殺到するので、多少高くなっても気にせずに利用者は購入していくのです。そのため旬の安い時期にもかかわらず、ちょっと高いかな?と思う商品も置いているお店があるのです。ちょっとぐらい高いなと感じても「でも旬だし、おいしいからいいか」という考えで購入してしまう人が多いのですね。

かにが取れる場所によっても旬の時期が変わり、値段も変わる!?

かにが安いのは旬な時期、つまりかにが高価になってしまう時期は旬を外した時期と考えられますが、かにも漁期が全て同じというわけではありません。つまり比較的年中漁期があるかには年間を通して買いやすくなっていることもあります。
特に毛ガニは漁期が比較的多く、漁場によって時期が違うのが特徴です。そのため4~6月、7~10月、11~3月といった形で漁場を変えてかにが取れるので、特別高い時期もあまりないと言えるでしょう。しかし毛ガニは基本的に高いので、「いつも高い!」と思ってしまう人もいるかもしれませんね。

通販は比較的安価においしいかにをゲットできる!

かには通販でももちろんそれなりの値段はしますが、中には大変安く手にいれることもできます。旬の時期でもそうでなくても、訳ありのかにだったり旬のかにを冷凍したものであれば、美味しさはあまり変わらないのに値段は安く購入することができるのです。
ただ見た目が少々問題があるので(脚が1本なかったり、割れていたりなど)、贈り物や誰かに出すには向いていませんが、自分や家族で食べるのであれば全く問題ないといえるでしょう。旬の時期を外れると訳ありでも少々高くなる傾向はありますが、十分気軽に購入できる範囲だと思いますよ。

かに漁の規定が厳しいせいで通販で買うかにが安くなってる?

そのまま買うとかなり高価なかに…その理由は?

おいしいかに通販かには高いですよね。市場はもちろん、デパートや高級百貨店で売られているようなかにはとても美味しそうではありますが、すごく高い…かにを食べたいけれどこんなに高いのでは手が出ないという人も多いです。そのため、安いスーパーなどでかにを買ってはみますが、今度は鮮度の良くないかにで見た目はもちろん味も美味しくないなんてことばかり。
どうして美味しそうなかには高いのかといえば、かに漁がとても大変だからです。魚の場合はテレビでやることもあるのでなんとなく想像できる人が多いのですが、かにの場合は水揚げされている場面はかに漁業解禁のときなどにニュースで見ることはあれど、どうやってかにを獲っているかまではわかりませんよね。
かに籠を海底に沈めて引き上げる方法や底曳網、板びき網、刺し網漁などで水揚げされることが多いかにですが、これらはかにの種類によっても変わってきます。かにの旬の時期と言われる冬は海も荒れがちです。そんな中、海に出て寒い中かにを獲るのに三日三晩寝ずに漁をすることもあるのです。それだけ苦労して獲るかにですから、手間がかからないということはなく、その分料金が高くなってしまうことが考えられます。
また、漁期が決まっているのでその時期以外は獲ることができないこともかにが高い理由の一つです。

かにって高いはずなのに…通販で買うかにがどうして安いのか

かには高価な食材だということはわかりましたが、通販でかにを買うとすごく安いですよね。どれだけ高価な毛ガニでも、たくさん買えば買うだけ安くなったりして「何かからくりがあるんじゃないか」と疑問に思う人もいるはずです。
通販で買うかにがどうして安いかといえば、ズバリ「かにを市場や店に出すには厳しい規定があるから」です。いわゆる「高価なかに」として販売するには、それだけ厳しい規定を通らなければならず、規定を通れないかには通販でとても安く売られることになります。
市場やお店でかにを売る際は、やはり状態のいいかに、見た目のいいかにが絶対条件となります。そのため甲羅が割れていたり、脚が取れているようなかには売り物にならず、値打ちがかなり下がってしまうのです。
売り物にならないかにはどうなるのかといえば、処分されるわけではありません。通販などで「訳あり商品」「足折れ」などといった文句を見ることがあるのではないでしょうか。実はこれらの商品はみんな、甲羅が割れていたり、脚が折れたりなくなっているような、売り物にならないかにたちです。高級品として売り物にはなりませんが中身は変わらず、見た目だけが少し劣るというだけですから処分するなんてもったいないですよね。値段を大幅に下げて通販などで売ればたくさんの人が購入します。